もし10万あったら・私の体験談と口コミ

NO IMAGE

もし10万あったら そんなふうに思います。私だってそうです・・・

・ ケータイ代やWiFi代など通信費が高いと思ったから。
・ 親の影響で、もともと倹約家だったのですが 約15年前くらいにリストラされて収入が不安定になってから ますますセコくなりました。

もし10万あったら ってないでしょうか。家族に話せることと話せないことってあるでしょ?お金の相談なんてとてもできないんやけど。
間違っても友人に頼るのは避けたほうが無難でしょうね。金の切れ目は縁の切れ目になりかねませんから。
お金貸してほしいって言われた側は結構ショックを受けるはずですからね。

今回は、 もし10万あったら というあなたに役立つ体験談と解決策をお伝えしたいと思います。

あなたは本当に緊急で、すぐにでも現金を用意する必要があるのでは?

まずは結論!この3つの方法が即金に効果があると私は考えています。
NO. 対処法 オススメ度
1 質屋を利用する ★★☆☆☆
2 なるべく頼みたくはないが、親族を頼る ★★★☆☆
3 一時的にカードローンを利用する ★★★★★

カードローン、借金、リボ払い・・・確かにイメージが悪いと言われればそこまでですが。

虫歯になるのが怖いからチョコレートはやめておこう・・・って思うの心情と同じで、しっかりケアすれば虫歯にはなりません。
カードローンも同じで返済計画を立てれればそれほど怖いものではありません。利用の仕方さえ間違えなければ、即日現金を得る手段としては質屋よりも優秀。
ただし、返済計画立てれないとカードローンは怖いです。
ご利用は計画的になんて無責任なこと私は言えませんから。一時的な手段として捉えておいてくださいね。

カードローンを利用して計画的に返済した後は節約してしっかりお金を残すのが近道だと思っています。生活費の固定費は何かしら削れる部分はありますからね。

もし10万あったら ・人の数だけ悩みがあります

お悩み紹介していきますね。 もし10万あったら どんな悩みを抱えているのでしょうか。実際の事例を紹介していきたいと思います。

真剣に1ヶ月以内に100万円必要です。現在貯金なし、1ヶ月後に10万円くらいなら用意できます。債務整理の経験があり、消費者金融等で借りることはできません。家族、知人に借りるというのは最終手段として、自分の力で今から1ヶ月後に100万円用意する方法があれば教えてほしいです。ただより確実に近づける方法でやりたいと思います。アイディアをお貸しください。

回答は下記のような感じですね。

そんな方法があるならやってるわ。

一時凌ぎとしてカードローンを利用するのも一つの手ですね。でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がありませんか?
でもカードローンやリボ払い、借金になんとなく抵抗はありませんか・・・?

でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がある・・・怖いんですけど・・・
というあなたに私がお勧めしたい方法があります。

メリット:実践することで固定費を抑えることができます。つまり自然とお金が貯めやすい習慣をつけるということ
デメリット:正直なところ即金性は低いです。でもじっくり貯めれます。

もし10万あったら ・おすすめの解決策①

結論です! 格安SIMのケータイを夫婦で利用した。子供たちも小学生時代はケータイを持たせない。家電もなし。

月に3ギガの契約なので、家ではWiFiを繋いでいますが、私の実家がWiFiに繋いでいないので、帰省した時はなるべくケータイを無駄に使わないようにしました。

効果ないなら時間の無駄?・・・心配しないで!効き目あります

夫婦でdocomoで契約していた時の3分の1の値段になりました。具体的には月に1人7000円くらいの支払いから2000円弱になったのでかなりの節約になりました。

固定費を削れば無理なく節約できます。また、わが家は保険は都民共済しか、加入していません。高額医療費で手術代もたくさん戻ってくるので、高額な保険に加入する必要はありません。新聞や家電なども必要ないので、ありません。

もし10万あったら ・万人にお勧めする解決策②

結論を述べていきますよ!
大手生命保険を解約→お手軽な共済に。車を軽自動車に乗換える。昼食はほぼ毎日、弁当持参。運動を兼ねて、一駅くらいなら歩く。身の回りのものはオークションで探す。クレジットカードを年会費の無いもの1枚にした。ポイントを有効に使う。
もう「当たり前」になっているので大変だと感じた事は ありません。ただ、完璧な節約マニアではないので 使うところは(大した金額では無いですが)使います。

お金が貯まるのはわかった!でも、実際の節約額が気になるんですが

具体的な額は、わかりませんが 1週間に使えるお金を決めているので(週払い感覚)毎週決まった曜日に銀行に行きます。残れば、それを貯めて美容院や歯科等の支払に使っているので マイナス感はありません。

目的を達成するためにお金が必要なあなたに私が伝えられること!

買物ではコンビニと仲良くしない/100均に行くときは、買うものをメモって うろうろしない/雑貨屋に行かない/「消えもの」=水道光熱費、食べ物、通信費 等 カタチで残らないものは 出来るだけ節約する/少額でもいいから、毎月必ず貯金グセする/家の中の片付けを しっかりする/知り合いを増やし過ぎない(交際費節約)/財布が小銭で膨らんだら、銀行に行って「一部入金」にして まとめる